西沢立衛講演会「近作について」

西沢立衛氏
写真:takashi okamoto

講演会内容1:(Part-0〜6)
PDFファイル(2.9MB)

このPDFをダウンロード

講演会内容2:(Part-7〜11)
PDFファイル(2.6MB)

このPDFをダウンロード

講演日時: 2009年7月24日(金)18:30〜
会場: INAX:GINZA 8階セミナールーム

昨年7月、INAX:GINZAで、建築家の西沢立衛氏による講演会が開催されました。主に国内の仕事は「西沢立衛建築設計事務所」、海外の仕事は妹島和世氏との協働事務所「SANAA」…、と2つの事務所でお仕事をされている西沢氏は、先ごろ、“建築界のノーベル賞”ともいわれるプリツカー賞を妹島氏と共に受賞されました。国内はもとより、海外での評価が高い大胆でユニークな建築は、いったいどのようなプロセスを経て生まれるのか。講演会では、最近のお仕事について、“環境”と“プログラム”の2つの側面からアプローチする設計手法をお話いただきました。

Part-0はじめに

Part-1豊島美術館

Part-2森山邸

Part-3HOUSE A

Part-4ガーデン・アンド・ハウス

Part-5ニューヨークの別荘

Part-6軽井沢の企業の美術館

Part-7サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2009

Part-8トレド美術館ガラスパビリオン

Part-9ニューミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート

Part-10EPFLロレックスラーニングセンター

Part-11質疑応答

■西沢立衛氏 プロフィール
にしざわ・りゅうえ――建築家・横浜国立大学大学院建築都市スクールY-GSA教授
1966年生まれ。1990年、横浜国立大学大学院修士課程修了。同年、妹島和世建築設計事務所入所。 1995年、妹島和世と共にSANAA設立。1997年、西沢立衛建築設計事務所設立。
主な受賞:ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展金獅子賞、第46回毎日芸術賞、ロルフ・ショック賞、 日本建築学会賞、ベルリン芸術賞、2010年プリツカー賞など。
主な作品:ウィークエンドハウス、ディオール表参道*、金沢21世紀美術館*、森山邸、 House A、トレド美術館ガラスパビリオン*、海の駅なおしま*、スタッドシアター*、 ニューミュージアム*、十和田市現代美術館、ROLEXラーニングセンター*など。(*は共同設計)

ページの先頭へ