LIXIL × Architects - 住宅編 Vol.01

トネリコ×SAMOS : M-HOUSE「アルミ樹脂複合サッシで大窓をつくる」

DK全景。キッチン背後の鮮やかな赤い壁が、斜め上方から差し込む光を受けて輝き、静寂に包まれた住まいの背景となる。 / 撮影:淺川 敏

これまでにはなかった、スリムなフレームデザインが特徴のLIXILの断熱窓「SAMOS」。
これを複数枚組み合わせることで、高い断熱性能をもつ大開口を実現した住まいが、古き良きご近所付き合いが残る東京の下町、浅草の喧噪から少し外れた街角に建っています。
設計を手がけたのは、建築からインテリア、プロダクトにまたがって、シンプルでプレーンなデザイン、清々しい空間で知られるトネリコ。「以前は、窓1枚でも、自分たちの作品で既製品を使うという発想自体がなかった」と代表の米谷ひろしさん。今回、製品を使った窓のクリエイティブなデザインが提案されました。

SAMOSによる連窓。室内側の白いフレームに対して、外側はシャープな印象の黒いフレームを組み合わせている。 / 撮影:淺川 敏

光と風の取り込み口を集約した大窓で、
内と外、1階と2階をゆるやかにつなぐ

連窓の高さは外を行き交う人と視線が合わないように配慮しつつ、室内の気配が感じられる高さとした。玄関アプローチに面した窓は半透明で、訪問者の気配を感じ取れる。 / 撮影:淺川 敏
[クリックで拡大]

SAMOSを組み合わせてつくった連窓が設けられているのは住居の南側。1階LDKと2階寝室をゆるやかにつなぐ小さな吹き抜けに面して、1階床から1.4 mの高さ、前面道路の地面からは1.7 mの高さで始まります。開放的で気持ちが良く、なおかつ静かな空間を得るために、内外からお互いの姿が見えないギリギリの寸法をとっています。
700mm角の正方形サッシを12枚、縦3列、横4段に並べ、上3段はFIX窓、下1段は横すべり出し窓で構成。連窓としての大きさは幅2.4m、横4.2mで、幅5mほどの小住宅の間口に対して大きな割合を占める大開口です。

ダイニングテーブルから連窓を見る。最下段の3枚のみ横すべり出し窓で、各階に風を取り込む。 / 撮影:淺川 敏
[クリックで拡大]

「熱の出入りは窓からが一番大きい。開口部の数をできるだけ絞りたかった」と米谷さんが語るように、そのほかは2つの天窓と、2階バルコニーに面した窓、1階玄関アプローチ側に設けられた訪問者の気配が感じられる窓など、数えるほど。採光窓のほとんどがこの南側の連窓に集約されています。横すべり出し窓から取り込まれた風は、吹き抜けを介して2階へ、寝室の頭上に設けられた天窓へと抜けていきます。