トイレをプライベートな空間に変えていく。

シャワートイレの歴史

2001年世界最小と高機能化を両立した「サティス」

およそ3年間の開発期間を経て世界最小のタンクレストイレ「サティス」が誕生しました。「世界最小、満足最大」「トイレを応接間に」をコンセプトに掲げ、実現したサイズは壁から便器の先端まで650mm。それは単に数字にこだわったものではありません。タンクをなくすことでトイレをより小さくし、トイレ空間そのものを広くて快適なものにするためです。サティスを構成するパーツの性能を損なうことなく、制御回路や全体のレイアウトもすべて見直して、新機能を搭載しながら機能部をコンパクトにすることに成功。0.4 坪で便器前空間を35%も広げました。

サティス(2001年)
直線基調でスタイリッシュなフォルム。

2016年においを従来比43%シャットアウト「エアシールド脱臭」

LIXILの臭いとの戦いの歴史は、1984年に消臭機能を搭載したことから始まります。1989年には、便器内から吸い込んだ臭気を下水管へ送り込む「排気脱臭」を「シャワートイレDU」に搭載。1992年からはセピオライトを使用した化学吸着方式による脱臭となり、当初は1年だった寿命も現在では7年に伸び、メンテナンスが楽になっています。そして2016年、まったく新しい方法を模索して生み出したのが「エアシールド脱臭」です。従来の吸い込む脱臭に加え、便器内にエアカーテンを発生させることで、においを便器の中に閉じ込め、強力に脱臭します。
*一定のにおい成分を鉢内の真ん中に設置し、便鉢上部面をにおい測定器で測定した結果。

エアシールド脱臭(2016年)
エアカーテンでにおいを閉じ込める。

2016年新開発の細かな泡が尿飛沫を抑える「泡クッション」

泡の厚み5〜15mm、泡の径は400μm(ナノメートル)以下という、きめ細かな泡がLIXILの特長です。どんなサイズの泡がいちばん飛沫を抑えられるのか、便座を開けて泡が敷き詰められるタイミングや、水、洗剤、空気の混合比や混ぜる順番の試験と評価を繰り返し、最適なバランスの泡を突き止めました。