断熱材・ユニットバス床

2017年10月1日現在
シリーズ名 使用部位 断熱材の種類 熱伝導率λ
[W/(m・K)]
性能確認区分※1 証明書※2
(試験品質)
LIXILウレタン断熱パネル 外壁、屋根、天井 A種硬質ウレタンフォーム保温板1種相当品 0.024 A 試験報告書
第16A3534号
床、基礎 A種押出法ポリスチレンフォーム保温板Ⅲ種 0.028 A JIS認証書
TC 03 07 177

※1  一般社団法人 住宅性能評価・表示協会が定める試験品質および生産品質の確認方法による区分です。
詳細は一般社団法人 住宅性能評価・表示協会ホームページ(http://www2.hyoukakyoukai.or.jp/teitanso/info/)をご覧ください。

※2  上記の製品は、ISO9001に基づく品質管理体制で供給されます。証明が必要な場合は、こちらの請求フォーマットにてご請求ください。

住宅の省エネルギー基準を満たすため、外気等に接する建築の外壁・床・天井・屋根・開口部などを断熱する必要があります。
外気等に接する各部の断熱工事は建築側で実施されますが、建築側で断熱構造としなくてもよい場合の1つに「断熱構造となっている浴室ユニット下部の土間床部分」があります。

外皮の省エネルギー性能(イメージ)

断熱構造となっている浴室ユニットとは

  • 浴槽及び洗い場下部にウレタン吹付けや発泡プラスチック系断熱材成型板などで断熱されていること。
  • ユニットバスと周壁の隙間から床下空気が侵入しないよう、気流止めなどを設置すること。

つまり、浴室周りの外皮の省エネルギー性能を確保するためには建築側、浴室側いずれかを断熱構造とする必要がありますが、 どちらを選択するかは建築側の判断となります。(下図)
よって、浴室ユニットが断熱構造であることは必須ではありませんが、断熱構造を依頼されることがあります。
商品シリーズにより断熱構造の対応ができる場合とできない場合がありますのでご注意ください。

また、ユニットバスを断熱構造とする場合は「住宅の外皮平均熱貫流率および外皮平均日射熱取得量計算書」に適用する数値は以下を参照してください。(下記1に該当する商品の場合のみ)
※平成27(2015)年4月1日以降は、浴室ユニットごとの床の熱貫流率を用います。

1, スパージュ・アライズ 下表「浴室ユニット床の熱還流率」掲載の戸建商品シリーズの場合

断熱構造を依頼された場合は、「断熱材・気密材セット」(以下の保温仕様、気密材等)をご注文ください。

  • 洗い場床 防水パン保温材(標準またはオプション)
  • エプロン保温材(オプション)
  • トラップ保温材 (オプション)
  • 床気密材セット(オプション)
  • 浴槽保温材(サーモバスS等、標準またはオプション)

2, 上記以外の商品(下表「浴室ユニット床の熱還流率」に掲載のない商品)の場合

建築側で浴室下部を基礎断熱構造とするようにご依頼ください。

イメージ図

<建築側による断熱例>   <断熱構造となっている浴室ユニット>
屋根又はその直下の天井、外気等に接する天井、壁、床、
及び開口部並びに外周が外気等に接する土間床等については、地域の区分に応じた「断熱構造」とすること。
  断熱構造となっている浴室ユニット下部の土間床部分は断熱構造としなくてもよい。(除外条件)

浴室ユニット床の熱貫流率(「住宅の外皮平均熱貫流率および外皮平均日射熱取得量計算書」に適用する数値)

注)住宅性能評価・表示協会による熱貫流率の計算要領に準拠した計算値であり、断熱性能を保証するものではありません。

2017年2月1日現在
シリーズ 仕様 サイズ 熱貫流率:U値
(W/m2K)
断熱仕様 性能
確認
区分※1
適合証明
計算式 試験品質※2
スパージュ
(2016年仕様)
サーモフロア 1216 1.50 洗い場側:保温シート
浴槽側:保温材付
A

熱貫流率計算式
(スパージュ)

性能証明書
(スパージュ
サーモフロア)

1316 1.50
1317 1.53
1318 1.55
1416 1.50
1418 1.55
1616 1.50
1618 1.55
1620 1.50
1620-2 1.58
1624 1.49
タイル床
【戸建用】
1616 1.31 洗い場側:ウレタン吹付
浴槽側:保温材付
A

性能証明書
(スパージュ
タイル床【戸建用】)

1618 1.33
1620 1.30
1620-2 1.35
1624 1.30
タイル床
【マンション用】
1317 1.43 洗い場側:保温シート
浴槽側:保温材付

性能証明書
(スパージュ
タイル床【マンション用】)

1418 1.45
1616 1.42
1618 1.45
1620 1.41
1620-2 1.48
アライズ
(2017年仕様)
サーモフロア S1216 1.39 洗い場側:保温シート
浴槽側:保温材付
A 熱貫流率計算式
(アライズ)
性能証明書
(アライズ)
1216 1.39
1316 1.39
1318 1.45
1616 1.39
1618 1.45
1620 1.38
1620-2 1.49
1624 1.43
S1818 1.45
サーモフロア
なし
S1216 1.41
1216 1.41
1316 1.41
1318 1.47
1616 1.41
1618 1.47
1620 1.40
1620-2 1.51
1624 1.45
S1818 1.47
アライズ(2015年仕様)
リモア
【2017年2月廃番】
サーモフロア S1216 1.39 洗い場側:保温シート
浴槽側:保温材付
A

熱貫流率計算式
(アライズ・リモア)

性能証明書
(アライズ・リモア)

1216 1.39
1316 1.39
1318 1.45
1616 1.39
1618 1.45
1620 1.38
1620-2 1.49
1624 1.43
S1818 1.45
サーモフロア
なし
S1216 1.41
1216 1.41
1316 1.41
1318 1.47
1616 1.41
1618 1.47
1620 1.40
1620-2 1.51
1624 1.45
S1818 1.47

※1  一般社団法人 住宅性能評価・表示協会が定める試験品質および生産品質の確認方法による区分です。
詳細は一般社団法人 住宅性能評価・表示協会ホームページ(http://www2.hyoukakyoukai.or.jp/teitanso/info/)をご覧ください。

※2  上記の製品は、ISO9001に基づく品質管理体制で供給されます。生産品質の証明が必要な場合は、こちらの請求フォーマットにてご請求ください。

住宅・建築物の省エネルギー
基準について
低炭素建築物認定制度制度について 商品についてのお問い合わせ窓口

国土交通省 改正省エネルギー法関連情報(住宅・建築物関係)

国土交通省 低炭素建築物認定制度
関連情報

Q&A・お問い合わせ

ページの先頭へ