虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

グローバルプレイヤーが住み 働き 集う「グローバルビジネスセンター」に進化

施主
虎ノ門一丁目地区市街地再開発組合
設計
(設計)森ビル株式会社一級建築士事務所(建築デザイン)インゲンホーフェン・アーキテクツ ほか
施工
株式会社大林組、株式会社きんでん、三機工業株式会社、斎久工業株式会社
所在地
東京都港区
新築/改築
新築
竣工
2020年01月
建築用途
  • 庁舎・オフィス
空間
  • タイル
  • 庁舎・オフィス
  • タイル

タイル 空間の特長

ルーバーは正面の短辺と側面の長辺で釉薬を変え照明の光の伸び具合にも配慮した。上部からルーバーの正面を照らす光、下部から貫入の入った側面のウェーブを照らし上げる光で、テラコッタの形状や表情をより引き立たせる照明計画とした。

内装タイル(壁・床)
内装壁 TL-294×1190×23/TYPE-A/E1710-232、TL-300×1190×75/E1710-232(特注)