印西牧の原駅連絡橋

設計
株式会社帝国コンサルタント
施工
株式会社住軽日軽エンジニアリング
所在地
千葉県印西市
新築/改築
新築
竣工
2007年09月
建築用途
  • 交通施設
空間
  • タイル
  • エクステリア
  • 交通施設
  • タイル
  • エクステリア

タイル / エクステリア 空間の特長

モノトーンによる明快なグリットとブラウン系のランダムな茶色の混合比のデザイン。連絡橋は、伸縮目地に合わせて配置したグリッドによる舗装デザインです。方向性のないグリットデザインは広場的な要素をもち、またをグリット内の面を市松貼りの様なデザインにすることによって、整然とした中にも華やかさと賑やかさを表現しています。動線上の長く伸びる視覚障害者用タイルとその左右両側に配置した濃いグレーのタイルとの輝度比は2.0以上を確保し、視認性も高く進行方向へのスムーズな誘導が可能です。

外装タイル(壁・床)
外床 ピアガイアEX PIG-300/2,4,6,7