JR神立駅

地域活性化と交流を目指す 霞ヶ浦に浮かぶ『帆曳船』をイメージした駅舎と自由通路

施主
東日本旅客鉄道株式会社
設計
株式会社JR東日本建築設計
施工
株式会社岡部工務店
所在地
茨城県土浦市
新築/改築
新築
竣工
2020年03月
建築用途
  • 交通施設
空間
  • タイル
  • 交通施設
  • タイル

タイル 空間の特長

建物は、かつて霞ヶ浦で用いられていた白く大きな一枚帆で風を捉えて進む帆曳船をイメージしてデザインされた。そのイメージに合わせ内部の床面には天然木をディテールまで忠実に再現したタイルを採用。人が流れる方向に敷き詰められたタイルが、静かに動線を誘導している。

外装タイル(壁・床)
外装床 プリメーロ IPF-820/PMR-13