INTERVIEW 004 | SATIS

建主の心地よさを読み解く

設計:関洋/SEKI DESIGN STUDIO | 建主:Uさま

  • facebook
  • twitter

階段の下の斜めの天井をうまく使ったトイレ空間

トイレは1階の寝室と2階のキッチンの近くの2箇所あります。1階のトイレは階段の下にあって天井が斜めになっているのですが、そのことがかえって独特の空間をつくり出しています。天井が少し低いのですが、その分奥行きがあり、そこに彫刻が飾られています。落ち着いた居心地のよいプライベートな空間になっています。
2階は手洗いのカウンターを浮かせて足元をスッキリ見せています。窓をあえて作っていなとのことですが、その代わり鏡を置くことで、窓と同じような空間の広がりを作っています。
奥さまからのコメントですが、1階と2階では機種が異なりトイレの形が少しちがいます。1階のサティスSタイプはシンプルでコンパクトなデザインなので階段下にもおさまりがよく、2階のサティスGタイプは、丸みを帯びたやわらかなフォルムが掃除もしやすく、気に入っているそうです。

1階トイレ、階段の下になっている、天井の低いところにカウンターを設けてアートが置かれている。1階のトイレ「SATIS Sタイプ/ピュアホワイト」

1階トイレ、階段の下になっている、天井の低いところにカウンターを設けてアートが置かれている。
1階のトイレ「SATIS Sタイプ/ピュアホワイト」

2階のトイレ「SATIS Gタイプ/ピュアホワイト」

2階のトイレ「SATIS Gタイプ/ピュアホワイト」

2階のトイレ「SATIS Gタイプ/ピュアホワイト」
1階トイレ

1階トイレ(クリックで拡大)

2階トイレ

2階トイレ(クリックで拡大)

取材・文: 土谷貞雄
photo: MIKI CHISHAKI
(2017年9月29日 U邸にて)

関 洋(せき ひろし)
1966年 静岡県生まれ
1987年 中央工学校建築室内設計科卒業
1987年 スタジオオクト勤務
1990年 真保デザインスタジオ勤務
1994年 セキデザインスタジオ設立
2001年 「ヨーガンレール広島店」JCDデザイン賞入選
2004年 「M-house」あたたかな住空間コンペティション入選
2005年 「M-house」あたたかな住空間コンペティション 生活者特別審査賞
2006年 「T&K-house」あたたかな住空間コンペティション入選
    「Christmas Chakai」JCDデザインアワード銀賞
    「Sakura Hajimete Hiraku Chakai」JCDデザインアワード入選
2011年 「VIEW OF AN INDIGO HOUSE」 全国カタログ・ポスター展金賞
2012年 「I-house」住まいの環境デザイン・アワード入賞
2017年 「GOODLIFE office」パブリック・スペースデザインアワード 1位入賞

このコラムの関連キーワード

公開日:2017年12月25日

  • facebook
  • twitter