広がるコーディネート。「マテリアルデザイン」

システムバスの歴史

床・壁・天井に、より多くのお客さまを取り込むための新柄を用意。

お客さま調査をした結果、SPAGEは、当初の狙いよりも幅広い世代に受け入れられ、購入意向が高まっていることがわかりました。そこで、ダークでシャープなカラーを中心としたSPAGEの印象を強化しながら、カラーコーディネートの幅を広げることにしました。マットとブライトの大判タイルを追加し、ハイエンドなイメージを強化。さらに、女性が好むやわらかな雰囲気のパネル、どこか無骨でラフなテイストや素材感のパネルを用意しました。

お客さま評価を実施し、デザインや色を決定。

LIXILは新しいマテリアルデザインを決めるにあたり、社内にプロジェクトチームを結成。床・壁・天井を感覚的にコーディネートするのではなく、色相・明度・彩度の3つのコントロールにより、これまで以上にトータルコーディネートしやすくし、空間の質を高められるようにしています。さらに、お客さまの心を掴むデザインや色を検証するため、開発した新しいデザインを100名を超えるお客さまに実際にご覧いただきました。そして、評価の高かった7種類のデザイン・色を追加しました。

インテリアを引き立てる黒の効用。

新しいSPAGEでは、アクアタワー前面パネル、メタル収納、シャワーハンドル、スライドフック付き握りバー、ハンドシャワーに「ブラックマテリアル」をご用意しました。色味、艶を考慮したこだわりのブラックです。近年、人気が高まっているインダストリアルデザインを好むお客さまにお応えします。シックなテイストからさらに深みを増した大人のテイストに。また、カジュアルなテイストの中で全体を引き締めるアクセントとして黒を使用することでこだわりの空間を実現することができます。さらに、新開発された「アクアタワーライト」による光の演出をより美しく魅せることができます。LIXILの「ブラックマテリアル」は単なるカラーバリエーションではありません。空間の価値を高め、お客さまの誇りと満足度を上げるためのものです。