Human Fit テクノロジーが生んだ進化した「らくパッと収納」

キッチンの進化

行動観察と解析技術を使って開発した、革新的な引出し収納。

よく使う料理道具が立ち位置を変えずに取り出せる「らくパッと収納」は、2010年の発売からご好評をいただいています。調理する際の行動観察を実施し、それを1,500時間かけて解析。さらに、作業時の筋負担を計測する「筋電計測」や動作を解析する「モーションキャプチャー」などのさまざまな技術を使うことで、作業の流れや人の動作にフィットする自然な使い心地を実現しています。

引出しの内装カラーをワークトップとコーディネート可能に。

2017年、「らくパッと収納」はお客さまの声を反映してさらに進化しました。そのひとつが、インテリアや扉カラーのテイストに合わせて、ダーク系とホワイト系の2色から選べる内装カラーです。引出しを開いた際にもキッチンの高級感を保ち、品位ある空間を実現します。

1. よく使うものを立てて収納できるポケット

扉の内側にあるポケットにはサッと取り出したいものを立てて収納できます。仕切りがあるので、自立しにくいラップのような長いものも倒れず収納できます。また、いつも清潔に保てるように、ポケットは分解して洗えます。

2. 道具の形に合わせて収納できる専用収納

まな板や包丁だけでなく、キッチンバサミやピーラー専用の収納をご用意しました。

開口約20度、開力約30%軽減。8万回の開閉耐久試験をクリア。

立った状態で引出しを開ける時の労力を軽減する。徹底した行動観察や解析・計測の結果、扉の上部を約20度の角度で傾けることが最適であるとわかりました。さらに、扉が傾く動きを、引出しを手前に押し出す力に変換する構造を開発。扉を開くために必要な力を約30%軽減※しました。

※弊社従来品比

よく使う料理道具が取り出しやすく、開く力も約30%軽減。

Human Fit(ヒューマン・フィット)テクノロジーとは、調理中の心理や身体に負荷となっている原因を観察と分析から導き出し、最新の技術で解決するLIXILキッチンの商品開発コンセプトです。