img_895_MU_002_01_50.jpg

HAL-RN/STS-11、HAL-RN/STS-12、HAL-RN/STS-13、HAL-RN/STS-14、HAL-RN/STS-15

光と影が生み出す絶妙な陰影感が、和の薫りを漂わせるタイルです。

カテゴリ

施工事例・タイル面状

HAL-RN/STS-11、HAL-RN/STS-12、HAL-RN/STS-13、HAL-RN/STS-14、HAL-RN/STS-15

壁:HAL-RN/STS-12

壁:HAL-RN/STS-12

壁:HAL-RN/STS-15

  • ※バリエーションの詳細は、webカタログにてご確認ください。
  • ※色合い・表情については現物サンプルにてご確認ください。
屋内壁 屋内床
(靴ばき)
居室床
(靴ばき以外)
浴室壁 浴室床 屋外壁 屋外床・
玄関床

規格表

形状名 品番 目地共寸法
(mm)
実寸法
(mm)
厚さ
(mm)
あたり枚数 入数・重量 標準価格 形状図
ボーダーネット張り(馬踏目地) HAL-RN/STS-11~STS-15 237×90 235×13 22.0 46.9シート/㎡ 30.0シート/ケース・18.3kg 18,100円/㎡
[11,580円/ケース]

目地共寸法

片面割れ出隅用平ネット張り(馬踏目地) HAL-CN/STS-11~STS-15 152×90 (150・85)×13 22.0 22.3シート/m 30.0シート/ケース・9.5kg 11,400円/m
[15,340円/ケース]

目地共寸法

調整用平 HAL-RB/STS-11~STS-15 235×13 22.0 67枚/m 140.0枚/ケース・15.0kg 3,700円/m
[7,730円/ケース]
  • ※2022年10月現在の情報です。

材質・加飾

BⅠ[磁器質]|無釉

生産区分

標準品

即納対応:200㎡以下
品切れ時対応納期:納期確認

  • ●全品番標準品です。

サンプル情報

見本 カット ミ-HAL-RN-STS-11~STS-15

見本・サンプルのご請求、お問合わせは、お近くの(株)LIXIL支社・営業所までお願いいたします。

商品の留意点

  • ●接着剤張り専用商品です。モルタル施工やタイル先付PCaパネル工法には適応していません。
  • ●自然な風合いを出すために、13mm・17mm・22mmの厚さの異なるタイルを組み合わせてユニットにしています。記載値は最大値です。
  • ●細目地の間から連結材が見えます。タイルの連結材の色はグレーにしていますので、接着剤はG3色をご使用ください。
  • ●細目地の間から接着剤のクシ目が見えることがあります。
  • ●ユニット品の設定横目地幅は2mmですが、タイル寸法公差等によるバラツキがあります。縦目地は2mmに設定しています。
  • ●標準価格およびあたり枚数にロスは含まれていません。
  • ●キッチンバック等では使用できません。

施工上のご注意

  • ●接着剤は「はるかべ工法専用接着剤」をご使用ください。下地により接着剤種類が異なります。
  • ●施工方法は、専用設計・施工マニュアルをよくお読みの上、正しく確実に実施してください。詳細は、「はるかべ工法 住宅編 設計・施工マニュアル」あるいは、「はるかべ工法・ビル外壁編 設計・施工マニュアル」をご参照ください。ビジネスユーザー向け情報サイト「LIXILビジネス情報」(https://www.biz-lixil.com/descript/tile_list.php)からもご覧いただけます。

商品詳細説明

施工手順(出隅)

施工手順(出隅)

上下反転させた片面割れ出隅用平ネット張り(馬踏み目地)を組み合わせて出隅を構成します。組み合わせるユニット裏面と2mmの目地幅を確保してください。

施工手順(入隅)

施工手順(入隅)

入隅を納めるときにも、片面割れ出隅用平ネット張り(馬踏み目地)を利用することができます。入隅から23mmの線に出隅ユニットの凹部を合わせて張ってください。タイルの隙間から下地が見えますので、下地全体に接着剤を塗布してください。

形状見本

形状見本

推奨工法

副部材表

[屋外壁]窯業系下地

張付材 EG-V1/G3 1.5kg/㎡
ジョイントテープ FATAPE-235

[屋外壁]モルタル下地

張付材 EGR-V2SP/G3 2kg/㎡

[屋内壁]水がかり部位を除く

張付材 SN-RE/G3 1.5kg/㎡

マニュアル

施工資料 タ-MD138-24(住宅用)

ご注意

警告 ●モルタル施工及びタイル先付PCaパネル工法には使用しないでください。誤って使用した場合、剥離の原因になることがあります。
●突きつけ目地施工はしないでください。剥離や欠けの原因になります。

注意 ●漏水等のトラブルを防ぐために、下地側での防水処理(防水紙・防水テープの取付け)を必ず行ってください。
●タイルの縁や角に尖った部分があるため、強くぶつかるとけがをする可能性があります。