パブリック・トイレのゆくえ

対談 |LIXIL Presents: パブリック・トイレから考える都市の未来|浅子佳英氏(建築家、タカバンスタジオ)×吉里裕也氏(SPEAC, inc.)×中村治之氏(株式会社LIXIL)

浅子佳英氏(建築家、タカバンスタジオ)×吉里裕也氏(SPEAC, inc.)×中村治之氏(株式会社LIXIL)
「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」(会期:2017年11月7日−13日、会場:渋谷ヒカリエ)で行なわれた、浅子佳英氏(建築家、タカバンスタジオ)×吉里裕也氏(SPEAC,inc.)×中村治之氏(株式会社LIXIL)による鼎談です。オフィスの未来型を提案する「WeWork」「Knotel」などのサービスが、私たちの都市生活のイメージを徐々に変えています。そのようなシェアスペースでは、男女共用トイレが増え、壁が掲示板として利用されるなど、新しい合理性が提案され始めています。こうした傾向は、翻ってこれまでの「福祉」的視点をどのように拡張するでしょうか。
(2017.12.27公開)