豊岡市庁舎

近代の名建築と最先端の建築が寄り添う豊岡市民の新たな憩いと交流の場

施主
豊岡市役所
設計
株式会社日本設計 関西支社
施工
熊谷組・谷垣工業・共栄建設工業 特定建設工事共同企業体
所在地
兵庫県豊岡市
新築/改築
改築・改修
竣工
2013年07月
建築用途
  • 庁舎・オフィス
空間
  • タイル
  • トイレ・洗面
  • 庁舎・オフィス
  • タイル
  • トイレ・洗面

トイレ・洗面 空間の特長

新庁舎、移築改修された旧本庁舎ともに環境配慮型の機器が導入されたトイレ空間は、モノトーン基調の現代的な意匠で統一しながら新旧建築との調和も図られた、歴史の趣を感じさせる雰囲気となっている。

内装タイル(壁・床)
インテリアモザイク 窯変ボーダー IM-1015P1
大便器・シャワートイレ
洋風便器 C-23PC、パッソ CW-E74
小便器
壁掛ストール小便器 U-406RC
バリアフリー対応・幼児・医療用機器他
多目的トイレユニット(コンパクトタイプ)、ユニバーサルシート AC-US-01
バリアフリー対応・幼児・医療用機器他
ベビーキープ KFA-12、ベビーシート KFA-23

タイル 空間の特長

旧本庁舎とともに中庭を囲む形の新庁舎では、その中庭に面する大型の開口部側壁に凹んだ曲面レリーフの特注の施釉タイルを採用。白く表情豊かな施釉を施した面状のタイルは、採光や照明に映える美しい陰影を演出し、印象的な壁面となります。

内装タイル(壁・床)
特注内壁 PRM-11/292×60×17/SW-4.0T