INTERVIEW 008 | SATIS

デメリットをメリットに変える

設計: 中村高淑/中村高淑建築設計事務所
自宅 + アトリエ

キッチンとダイニングテーブルを同じ高さに、特にリビングを作らず、このダイニングがくつろぎの場所となる。建主との打ち合わせもここで行われる。手前のキッチンは配管もフレキシブルになっており、下部にタイヤがあり動かすことができる。

この家は中村さんの自宅兼アトリエです。間口が4.5m、奥行きが13.6mの細長い敷地に、建物の間口2.77mという広さ。極小スペースの大きさですが、内部に入ると明るく見通しのよい空間は狭さを感じさせません。1階は事務所機能と趣味のクルマとバイクのスペース、イベントスペースも兼ねているそうで、ガラス張りの外観からみると、まるでクルマのショールームのようにさえ見えます。手入れの行き届いたポルシェと大型のバイクそしてライダースーツが美しく置かれています。気が向いたらいつでもそのまま出かけられる状態です。

1階には愛車のポルシェが。

1階には愛車のポルシェが。耐力壁や大きな柱をつくると車が入らなくなってしまうので、必然的に薄肉ラーメンの構造を取らざるを得なかった。

2階は大きなキッチンとダイニングと陶芸家の奥さまの工房です。リビングはあえてつくってはいませんが、料理をしながら会話をし、多くの人が集まってくつろぐ様子が想像できます。このダイニングスペースは設計の相談に来たお客さまとの打ち合わせスペースにもなります、3階は寝室とサニタリーです。家全体がショールーム機能を兼ねているとのことですが、どこを見ても整然とすべてのものが整っています。決してものが少ないということではなく、こだわったものを選び、適切な場所に格納されています。

この家の大きな特長は構造にあるのですが、この細長い形状であるための制約条件がかえって魅力的な空間をつくり出しています。1階の構造は薄肉ラーメンと言って柱や梁型をつくらずに、壁の厚みの中をつかって扁平の柱にし、床の厚みの中で薄い梁をつくっています。というのも、この狭い間口で柱があっては、どうしても愛車を入れることができなかったからです。そして2階と3階は木造です。建物の重さを抑え、コストも抑えるためには木造にする必要があったそうですが、木造でありながらコンクリートと同じようなパネル状でつくったラーメン構造となっていて1階部分と同様柱型や梁が見えません。日本はもとより世界でも珍しい特殊な構造だということです。その特殊構造によって、家の内部には一切の柱や壁をつくることなく一続きの空間ができ、さらに構造から自由になることで、大きな開口やトップライトを設けることが可能になり、明るい開放的な空間が実現したのです。

1階のRC造薄肉ラーメン構造を基壇とし、2階、3階を軽い木造薄肉ラーメン構造とした。

1階のRC造薄肉ラーメン構造を基壇とし、2階、3階を軽い木造薄肉ラーメン構造とした。この日本はもとより世界でも実例が少ない珍しい構造システムによって自由度と耐久性を高めた。

1階

1階(クリックで拡大)

2階

2階(クリックで拡大)

3階

3階(クリックで拡大)