INAXタイルコンサルティングルーム大阪 オンラインセミナー

「ベルリン・モダニズム集合住宅と変貌を遂げるダッチデザイン国・オランダ」

安藤眞代 (インテリアデザイナー、studio Ma 代表)

  • facebook
  • twitter
安藤眞代
安藤眞代

世界文化遺産に指定されているドイツ、ベルリンのモダニズム集合住宅。20世紀初めにブルーノ・タウトとその仲間たちは、新しいデザインと機能性を併せ持つ建築を生み出しました。オランダでは近年、ロッテルダムやアムステルダムに建築家集団MVRDVなどが手掛ける現代的な建築物が多く建てられています。その建築デザインはダッチデザインを継承しつつも大胆でありユニークです。

海外デザインを長年ウォッチされているインテリアデザイナーの安藤眞代さんに、現地訪問した街の印象も含め、ヨーロッパ二か国のデザイン事情についてお話いただきました。

注)安藤さんが二か国を訪問されたのは新型コロナウイルス感染拡大前の2017~2019年になります。

セミナーは新型コロナウイルス感染防止のため、「ZOOM」を活用したオンラインセミナー形式にて開催されました。

このコラムの関連キーワード

公開日:2021年03月24日

  • facebook
  • twitter