INTERVIEW 007 | SATIS

ピクニックをするように暮らす家

設計:中山英之/中山英之建築設計事務所 | 建主:金子敦・泰子さま(グラフィックデザイナー)

  • facebook
  • twitter

トイレへの愛着

金子さんご夫妻はそれまで住んでいた賃貸のトイレがとても嫌だったそうです。トイレの色もデザインも壁の色もあらゆるものが嫌だったのですが、賃貸住宅なので、そこまではこだわれなかったとのことです。今回自分の家をもつことで、すべてのものに愛着が湧くようになったそうです。自分で選んだデザインであることももちろん大事です。トイレのみならずものや空間に対する愛着が日々の自分たちの暮らし方を知らないうちに変えていくことに驚いていると言っていました。今ではトイレに入るのも、お風呂に入るのも、全てが楽しい時間に変わってきたとそうです。

トイレ「SATIS Sタイプ/ピュアホワイト」

1階のトイレ、扉の素材は光を通すポリカーボネート。トイレの奥は配管や分電盤などが設置されている。
トイレ「SATIS Sタイプ/ピュアホワイト」

トイレ「SATIS Sタイプ/ピュアホワイト」

2階のトイレ。床の素材は25ミリ角のタイル、キッチンの天板と同じ水平面にあり繋がっている。
トイレ「SATIS Sタイプ/ピュアホワイト」

トイレ詳細 1階

トイレ詳細 1階(クリックで拡大)

トイレ詳細

トイレ詳細 2階(クリックで拡大)

取材・文: 土谷貞雄
photo: MIKI CHISHAKI ※特記なき写真全て
(2017年9月14日 金子邸にて)

中山英之(なかやまひでゆき)
1972年 福岡県生まれ
1998年 東京藝術大学 美術学部建築科 卒業
2000年 東京藝術大学大学院 美術研究科建築専攻修士課程 修了
2000-2007年 伊東豊雄建築設計事務所 勤務
2007年- 中山英之建築設計事務所 設立
2014年- 東京藝術大学美術学部建築科 准教授 就任

主な建築作品
「2004」、「O邸」、「Yビル」、「Y邸」、「石の島の石」「弦と弧」

主な著書
「中山英之 / スケッチング」 単著 神戸芸術工科大学デザイン教育研究センター編 (新宿書房)
「つくる図書館をつくる- 伊東豊雄と多摩美術大学の実験」 共著 (鹿島出版会)
「JUN AOKI COMPLETE WORKS 2」 共著 (INAX出版)

このコラムの関連キーワード

公開日:2018年01月31日

  • facebook
  • twitter