サービス生産性向上IT導入支援事業
「IT導入補助金」のご紹介

制度概要

IT導入補助金は、サービス業や製造業、建設業などの中小企業・小規模事業者等の生産性向上を支援する目的で、ITツール(ソフトウェア、サービスなど)の導入にかかる経費の一部が補助される制度です。

補助対象となる事業者

中小企業・小規模事業者等であることなど、いくつか規定があります。

補助対象となるITツール

建設業などにおけるソフトウェア製品、クラウドサービス利用費、導入関連経費
(CADシステム・生産管理システム・積算システム等)

申請期間

一次公募 公布申請期間:2018年4月20日(金)〜2018年6月4日(月)

  • ※二次公募の申請は、6月中旬〜2018年8月上旬の予定

補助金額

上限額:50万円、下限額:15万円、補助率:2分の1以内

申請方法

(1)「経営課題の分析」、「導入するITツールの選択」、「SECURITY ACTION」のホームページ上でセキュリティ対策自己宣言を行います。
(2)(1)の結果を「交付申請」として、IT導入支援事業者(ITベンター・サービス事業者)より、事務局に交付申請を提出します。(=代理申請)
(3)交付決定の場合は、事務局より『申請マイページ』を通じて連絡がきます。
(4)交付決定の連絡がきた後に、IT導入支援事業者に報告し、補助事業を行ってください。
(5)「事業実施効果報告」を作成し、IT導入支援事業者に代理申請を依頼します。

  • ※「交付申請」と「事業実施効果報告」は、IT導入支援事業者(ITベンター・サービス事業者)が代理申請を行いますので、導入するITツールを提供するIT導入支援事業者と連携をとって進めてください

関連リンク