社会と住まいを考える(海外)3

韓国、ソウル──生活的な開放感が生み出すプライベートな公共性

李ヘドゥン(建築家、o.heje architecture)

  • facebook
  • twitter

生活的な開放感を持つ家

過去には家を通して「生活感」が表現されていた。ご飯をつくるために火を使うと煙突から煙が出たり、毎日井戸から水を汲んできたり、川端に行って洗濯をしたりした。ひとつの家庭の生活感が家の中でだけでなく、まちに延長されていた[fig.1]。

近代以降、家庭の生活感は建築設備の中に吸収され、ダクトがすべてのにおいと煙を処理し、井戸や川の代わりに水道が設置され、洗濯するところ、水を汲んで来るところがなくなり、生活の中で、人々が自然に出会う場所もなくなった。一家庭の生活感だけでなく、まちの生活感も建物の中に吸収された。ひとつの家の中で生活が完結するかたちで、視覚的に開放感を持つようになった[fig.2]。

fig.1──生活的開放感

図6 ナンジェセール・エ・コリ通りのアパルトマンの寝室(筆者撮影)

fig.2──視覚的開放感

しかし住宅街を見ると、本来家の中に隠すことができるものを外に出すなど、いろいろなかたちで「生活感」が見える風景がたくさんある。家の前に人々が集まっていたり、また大きな窓から生活空間が見える構造ではなくても、外に溢れ出しているものや、それを取り巻まいている建築のパーツから、人の気配や生活感が感じられる[fig.3]。そこには、そもそも私物だったものが外に溢れ出したことによって、ある程度公共性を持つようになり、それがまちに再び公共性をつくる素材になるといった可能性があると思う[fig.4]。

上記の仮説を基に、東京とソウルを散歩しながら発見したさまざまな個人の生活感を通じて、まちに公共性を再構成させたいと思い、それによって、まちに公共的な出会いを提供するような、生活的な開放感を持つ住宅を設計するプロジェクト「まちに広がる家」を進めていた。そうしたなかで、COVID-19の感染症による急速な生活様式の変化を経験しながら、我々の研究が住まいと都市の関係を新たにつくることができるのではないかと考えるようになった。

fig.3──現れたもの

fig.4──私物の公共性

閉鎖される公共性

近代以降、まちのなかに人々が自然に出会える公共の場所が徐々になくなり、今では見慣れた公園、劇場、図書館、美術館、カフェなど「パブリック・スペース」と言われる場所が多く生まれた。当たり前のように日常と都市が両分され、その接点としてジャンル化されたパブリック・スペースを私たちは疑いなく受け入れてきた。いかに機能的にし使いやすくするか、アクセスしやすく集まりやすくするか。いかにもっと活気のある公共性を持った場所がつくれるかと悩みながら、人が集まることを大切にし、多くの人が共有できる場所をつくろうと努力してきた。

しかし、現在COVID-19のパンデミックを防ぐための都市的政策により、公共空間は部分的あるいは全体的に閉鎖され、公的な役割を失いつつある。ひいては、人が集いともに過ごすことに対するさまざまな制約を受けているのが実情である。そのため、家の外に溢れ出していた応接室や、茶室、業務空間などが自然に家の中に戻り始めた。家の役割が拡大し、都市の役割は縮小する現象が起こっていると言えるだろう。

公共性のON・OFFスイッチが生まれた社会──1/2の公共性

ソーシャルディスタンスの一環で、カフェは座席数が1/2に減った。屋外の運動する場所でも同様のことが起こっている。COVID-19以降、公共性の大きさが1/2になったのではないかと思う。すなわちそれは、空間の大きさではなく、公共性という感覚の大きさが1/2になったことを意味する。そこで私たちは、まち単位の公共性より、もっと多くの数と機会を持つ個人単位の公共性を考えたい。

韓国では、COVID-19の感染者数の動向によって、5段階(1、1.5、2、2.5、3)の「物理的距離を確保」するマニュアルに基づいた防疫政策が行われている。公共施設を中心に人が集まる施設を対象として、段階ごとに利用者数を調整するシステムである。それは、人が集まることのON・OFFを調節するスイッチのようである。調節された公共性は、都市という領域内でつくられたジャンル化された公共空間だからこそ可能だと思う。

だとすると、これからはどのようなかたちの集いが増え、どのような公共の空間を必要とされるのだろうか。家の中にどのような空間を設けるのか。まちにどのような施設を設置したりするのかではなく、個人の住まいと都市との接点で公と私の関係、社会の公共性というものを改めて考え直す必要がある。私たちがまちで見つけた素材は、その接点に置かれ、両者の間を自由に行き来している。そこで住まいからはみ出た領域がつくる公共性を、「プライベートな公共性」と名付けた。見つけられた素材を再構成し、意味付けする過程で、新しいかたちの集いに対応できる家の公的な空間、小さな公共性が起こる場をつくることができると思った。パブリック・スペースがOFFになっている現在、「プライベートな公共性」はパブリック・スペースの代案的な役割をする可能性があると思う。

リサーチ:まちに広がる家
「プライベートな公共性」──住まいと都市の間、その境界にあること

都市と住まいは、それぞれが両極に位置するのではなく、リバーシブル・ウェアのように、お互い違う性質の世界を持ちながらも、その間にひとつの枠組み(構造体)を持って共存する生態系だと言える。これは街並みの表と裏のように、どちらか一方が独立して存在することはできず、むしろお互いのために存在し合っている。私たちがまちで採集したものは、家の中でなく外から観察した、つまり第3者の観点から個人の住まいを把握した、家と都市の接点で起きている風景である。住まいがまちや社会に延長されており、誰でも見ることができる視覚的開放感を持ちながらも、誰も入れない私的な場所でもある。

「勘」から始まる共有

生活感を感じられる風景をつくっているものは、元々私的なものだが、外に出ていることで公共的な性格を持つようになり、一種の共有が始まっているのではないか。直接会う行為が起こらなくても、家具、建具、モノなどは、そこで誰かが生活している姿を想像させたり、人の気配を感じさせる役割をする。例えば洗濯機や室外機が回っていれば家の中に人がいるとわかり、植木鉢が並んでいれば植物好きの人が住んでいると想像できる。また、個人の植木鉢のおかげで道で緑地を提供することもできる。換気口からのにおいですらも生活感を感じられるモノのひとつになり得る。縁側や庇、そこに置いてあるモノたちを通じて、あたかも生活が家の外に出ているかのようで、私たちは他人の住まいの中に入っているような気がすることもある。それがどのような意図と構造で構成されているのか、どのような役割を果たしているのかを理解し、それが持つ公共的な性格が都市の公共性を生み出す素材になり得ることについて考えたい。

ソウルの生活感

ソウルでは、統計上マンションが全世帯数の約42%を占めており、その多くは小さな地域社会規模の団地になっている。基本的にマンションの構造は、家の外と中の領域が明確に分離されている。しかし団地内にはさまざまなコミュニティ施設が中間領域となっていて、それらは住民たちのための公共施設の役割を担っているとして高く評価されてきた。しかし、COVID-19により、そのコミュニティ施設もほとんどが閉鎖されている状態である。したがって住まいは、ますます孤立していく様相を見せており、個々の住まいではインテリア工事が増えているという側面もある。ソウルではこのようなマンションの団地と住宅街が混ざることなく、並列して存在している。今回のリサーチでは住宅街に調査対象を限定した。

私たちが採集したソウルの住まいの風景は、一見きちんと整理されていない無秩序なものに見えるかもしれない。しかしそれはきっとソウルだからこそ可能な、非常にラフで攻撃的なかたちなのであろう。他者に対するゆるい警戒心と親密度が伴った活動がかたちになっているような、平凡で豊かな生活ぶりを想像させる。そうした住まいの風景は、最初から計画されたものではなく、住み手によってつくられていき、時と場合に応じて求められる合理性を持つ生き生きとした場所なのである。このアノニマスで、半公共的な場所は、人が集まって住むことの原初的な事例であり、人々はどのような生活空間を必要としているのか、またはどこまで他人の接近を意識して許容しているのかといったことを考えさせる。例えば、洗濯物を干したり、屋根にのぼれることができたり、おしゃべりすることができるなど、生活のあり方を想像できると思う。

サンプリングの対象と基準

サンプリングの対象となるのは、ひとつの完結されたオブジェやひとつの単位で感じられるモノよりも、小さな要素がたくさん集まっている集合体のような形状である。そして住まいの破片が集まってひとつの家をつくっているように、都市を成している姿の一部が集まってひとつの建築になっていく。ひとつの建物だけではなく、何かの環境として建築が存在するという考え方と繋がる。今回は逆に、その破片的な姿に内包されている話と、その姿の要素を分解する手法と、その破片を集めて普遍的な仮説をつくる過程で、想像可能な仮想の生活の様子を考えていきたいのだ。

以下の8つの基準によって家を選別し、その家や住まい方がいかにして生活感を持っているのかを考える。家と道、都市との関係を観察し、そのなかで似た性格や風景を持つものに分類した。分類された家の性格について簡単な言葉で整理し、その家が持つ空間的特性を分析した。

(1)ソウルの都心に位置する家であること
(2)生活感が見えること
(3)内部と外部が繋がっていたり、半外部空間であること
(4)パブリック、プライベートな性格があいまいな空間であること
(5)モノを家の手前に出して置くこと
(6)パーツがついていること
(7)道路から生活空間が見えること
(8)周りと仲がいいこと

01. キャノピー踊り場

キャノピー(庇)は、上がってみたいという衝動にかられる要素である。一般的に電気・ガスメーターは目立たない場所に設置されているが、この家は正面の上部に位置している。メーターのメンテナンスのために設置された階段という構造体と、出入のために付けられたキャノピーという建築の要素が合わさり、ひとつの都市の中間領域となるのを考えてみた。
このように道から階段でのぼることができ、強い構造と適度な広さをもつキャノピーは、小さな憩いの場になったり、2階の独立した出入り口がつくられる可能性も持っているのではないか。傾斜地に位置するキャノピー踊り場で、近所を眺めながら、隣人と挨拶する。コーヒーを飲むのもいいだろう。

02. へいの上の小さな農場

都心に位置する家は、広い庭を持てない場合が多く、植木鉢などを利用してガーデニングをしたり小さな畑をつくったりする。しかしこの家はそうした限界を乗り越えるように、へいと階段という建築の要素を利用して、都心部ではなかなか見られないスケールで家庭菜園をつくっている。すると、植木鉢の家庭菜園という個人的なスケールを超え、まちの風景に参加するような存在になった。建築の要素を少し変えてみることで、農作物を販売する空間も設けられると思った。このような行為により、まちの風景に視覚的な影響を与えるだけでなく、人の出会いの場となり、まちをより活気的な場に変えることができるのではないか。

03. 植物を着ている家(パーソナル・ボタニカル・ガーデン)

最小限の庭(へいと家のスキマ)から始まった植栽は、家の階段と手すりをつたって屋上まで続いている。垂直庭園というか、ガーデンファサードというのか、家の立面をほどんど覆うほど、多くの植物が育っている。さまざまなかたちの構造物を2階の窓にかけたり、隣の家の物干しに繋げたりして、植物が広く高く育つようにしてある。公園や木々の多くないまちでは、パーソナルなスケールを超えた豊かな個人庭園が、まるでまちの小さな植物園を提供しているようだ。

04. 道沿いの小さなアーケード

一般的に都心部では小さい共同住宅の1階は、ピロティになっており、駐車場として使われることが多い。この家は、地形の傾斜によってピロティに室内空間が形成されており、手前に狭い外部空間が残されている。そこには郵便ポストが付いており、自転車やバイク、小型車も収納されるように置かれている。道沿いに置かれたアーケードのようなかたちで利用することもできるのではないか。

05. 建具で玄関化された階段

既存階段の手すりの外側に、建具が設置され、また屋根がのせられ、外部階段を室内化させている。そして1階に玄関のドアを新たに設置した。まるで、玄関が外に流れ出て、拡張されたかたちのようだ。お客さんを迎えたり、植木鉢を置いてバルコニーのように使われることもできる。

06. 無防備玄関

玄関がすっかり外にはみ出している。まるで、外を内のように使っている。かなり小さなサイズではあるが、玄関が道に出ているため、一般的な玄関の機能が拡張している。例えば洗濯物を干したり、猫のご飯を置いたり、植木鉢も置くといったハイブリッドな場所になっている。建築の要素の欠乏により生まれた空間の使い方が、まちの一部をつくる。今まで当たり前のようにプライベートだと思っていた領域が、まちとつながるハイブリッドな構造になる可能性について考えさせられる。

07. 踊り場のミニリビング

傾斜地に位置している家の出入口は、まちの階段の踊り場と直接連結していた。その踊り場が少し延長された部分は、まるでこの住宅のミニリビングのように使われている。椅子があり、誰かが持ち去ることがないように椅子を固定するディテールが見える。隣には掃除道具も置かれており、居住者がきちんと管理している様子が想像される。また、ここはまちの階段の一部になるため、この椅子に座っていると、通り過ぎる人たちとの出会いが生まれるだろう。下部に位置する家も、同じようにミニリビングをつくっている。まるで、道のリビングルームの集合体のようだ。外を内のように使う行為が、まちのインフラと出会って、新しい風景を生み出すことについて考えさせられる。

08. のぼり続ける

ひとつの集合住宅を取り囲みながら全階を繋ぐ外部階段は、その集合住宅のメインの動線であり、居住者たちの共同の場にもなる。1階から2階、3階が繋がれ、階段の曲がり角に生じるちょっとした踊り場は、各階の人々が出会える小さな集い場になると思う。のぼり続けながら、その階段を、まるで道のように使う。通りすがりに隣人と出会ったり、小さな植物や洗濯物を置いたりする。まちに、住宅のダイナミックさを与えることもできる。

09. 開き階段

住宅の門というのは、内と外を分け、私と公の空間を区切る境界として玄関にあるわけだが、ここには階段の中間に門が設けられている。屋上に上がるこの階段の門の開閉によって、この家に住む人の気配が感じられる。屋上という空間を、まるでクローゼットのように開閉するようにして行き来し、使用している風景が想像される。階段が外部にある場合セキュリティの問題が発生するが、階段そのものに開閉できるディテールを取りつけ、その問題を解決している。これにより、住まいが外にはみ出され、まちと出会うことが可能になる。また、階段が外にあると内部に取り付ける階段が減るため、住まいの平面はさらに自由になる。

10. 空中庭園

庭を確保することが難しい都心住宅街では、扉の上部や共用階段、屋上などに、自分の植木鉢を置くことで、大小の庭園をつくっている。植木鉢をたくさん置く場所はなかなか取れないが、この家では外部廊下の手すりが90度に曲がった部分に、板をずらしてのせるというシンプルかつ果敢な方法によって、安定性を確保しながら植物の置き場をつくっている。手すりや板でつくる小さな庭園が、共同住宅のさまざまな場所に浮かんでいる風景を想像した。自分のプライベートの生活領域を広げていくことと同時に、まちに緑を提供している。

11. ボイラー室テラス

建物の2階の正面にボイラー室が設置されている。ボイラー室など後から付けられた設備をメンテナンスするために階段が付け加えられている。設備の周りの狭いテラスは、人が滞在するために計画された空間ではないが、アプローチが可能な形状になっているため、中間的な領域のようになるのではないか。メンテナンスという機能的な意味と、都市と接続される場所としての意味が合わさると、閉ざされていたテラスを延長させて長いテラスが建物全体に広がる風景を想像することができる。

12. はなれを持つ韓屋

作業・販売・居住の要素が共存しながら、まちに集いの場を提供している家である。家の主人は米屋さんを経営しており、韓屋(韓国の伝統的な住居形式)の隣に作業場としてはなれを設け、道と繋がっているはなれの前庭のような場所にお米を販売する小屋を設けていた。母屋である韓屋から出たところに階段を設け、はなれの2階に行くことができる。お米売り場の小屋の前には、いつも椅子が置かれていて、通り過ぎていく隣人たちとの出会いの場になる。こうした設えが拡張し、住まいが単体ではなく群を成しながら、漸進的にまちへ接続される姿が想像できる。

採集と参照を繰り返してつくられる住まい

2015年に東京藝術大学の修士課程で、今回のリサーチと同じテーマで「東京住宅研究──まちに広がる家」★1という研究を進めたことがある。住宅街で発見した風景を通じて、生活的な開放感を持つ住宅を設計するプロジェクトである。まず2015年までの20年間で建築家が設計した住宅の中で、生活感が感じられる構造や形態を持つ事例を大量に調査した。集めた事例から何かの類似性が浮かび上がり、似たもの同士で分類して、カテゴリーを設けた。そして、カテゴリーの原型になりそうな風景をまちのなかで採集し、建築家の住宅から抽出したカテゴリーとマッチングさせる作業を行った。「まちで建築の原型探し」と言えるだろう。まちの風景から建築が生まれ、その建築が再びまちの風景になる。このような当たり前の都市生態系の構造を、何か自分の建築の言葉で表現したかった。

生活的な開放感は、住まいと都市の間で起こる一種の事件でありながら、建築と都市空間との間に具体的なかたちとして存在する。私たちが採集した風景が、これからの住まいと都市の接点を、新しくつくり直すことができる素材として参照されることを期待している。同時に、そのようにつくり直された住まいも再び採集の対象となり、採集と参照の繰り返しが起こる住まいの環境がつくられる姿を考えてみたいのだ。採集と参照が積み重なるほど、住み手が自分の住まいを振り返り、そしてこれからの住まいについてより豊かに想像することができるようになり、住まいの環境の循環的な構造がつくられることを期待する。


★1──「まちに広がる家」

李・へドゥン(い・へどぅん)

建築家。東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了。2016年にチェ・ジェピルとの建築家ユニット、オヘゼ建築設計事務所(o.heje architecture)設立。主な作品=《三つの屋》(SDレビュー2017入選、2018)、《ddp Library》(Samuso Hyojadongとの共同設計、2018)、《Apartment D》(2018)、《Office P》(2020)など。

このコラムの関連キーワード

公開日:2021年01月27日

  • facebook
  • twitter