気づきと、もてなしの心が、快適性を進化させてきた。

シャワートイレの歴史

1988年LIXIL独自のこだわり、女性専用「レディスノズル」

その機能がなくても用を足すことはできる。しかし、その機能があるだけで快適さが大きく変わるものがあります。お客さまの視点に立ち、ニーズを掘り起こし生まれる機能。女性専用「レディスノズル」はそのひとつです。お尻を洗うノズルでデリケートな部分を洗うことを気にする女性のために、LIXILは洗浄ノズルをお尻専用とビデ専用「レディスノズル」の2本に分けています。吐水する穴の数が多く、空気を混ぜながら吐水することで生まれるソフトな洗い心地。ノズルの先端が着脱できるので、その部分だけ交換することもでき、長く清潔に保つことも可能です。

レディスノズル

1992年手を使うという常識を覆した

便器に近づくと自動で便フタが開き、離れると閉まる。「フルオート便座」を業界で初めて開発・商品化したのもLIXILです。清潔志向が高まる社会に対して、便座に触れずに用を足せ、また、高齢化が進む最近においては腰への負担が軽減されるというユニバーサルデザインの側面も有しています。

1995年流し忘れの心配をなくした、業界初「フルオート便器洗浄」

ハンドル操作をしないで、自動で洗浄する機能も業界で初めて開発・搭載しました。着座時間に応じて大・小を判断し、便座から立ち上がると自動で洗浄します。このように業界初となるテクノロジーを数多く開発しているLIXIL。それは、お客さまの視点でトイレを見つめなおし、新しい満足を生み出している証しでもあります。

フルオート便器洗浄