LIXILビル防火戸登録制度

1.「LIXILビル防火戸登録制度」とは

LIXILビル防火戸登録制度とは、LIXILが販売する防火戸(ビル用)をお取扱い頂くにあたり、守るべき法令、製品取扱上の注意点等の講習を受講して頂き、製品を正しくお取扱い頂くことを目的とした制度です。講習を受講して「制度同意書」を弊社に提出して頂いたお得意様に「登録証」を発行させて頂きます。
ご登録いただくと、LIXILビル防火戸「個別認定品」をお取扱い頂けます。

2.これまでの制度との違い

LIXILビル防火戸登録制度は、従来一般社団法人 カーテンウォール・防火開口部協会(以下、「カ・防協」という。)で実施してきた「KD・フロント防火戸取扱事業所制度」とは異なる制度です。

従来

今回のご案内

3.登録までの主な流れ

エリア開催の認定講習会を受講後、制度同意書を提出頂きます。
その後、事業所には登録証、受講者には修了証が発行されます。

認定講習会受講 → 「制度同意書」提出 → 「登録証」受領

事業所単位での登録となります。営業所等、事業所が複数ある場合は、それぞれの登録をお願いいたします。
※同一敷地や同一建物の場合は一事業所となります。

A社本店・A社営業所 それぞれで登録

登録には受講者在籍が必要となります。不在になった場合は、速やかに認定講習の受講をお願いいたします。
また、受講者の増員、複数在籍も推奨いたします。

○ 受講者が在籍 × 受講者が不在 → 認定講習会受講 → 新規受講者(増員・複数在籍も推奨)

制度の初年度は1名/事業所となりますが、次年度以降適宜講習会を開催いたします。
講習会につきましては、最寄の 株式会社LIXIL ビル営業所にお問い合わせください。

ページの先頭へ