LEEDについて

LEED(Leadership in Energy & Environmental Design)は、非営利団体の米国グリーンビルディング協会(USGBC)が開発および運用するビルト・エンバイロメント(建築や都市の環境)の環境性能評価システムです。世界各国で広く利用され、日本国内での認証件数も年々増加しています。
LEEDには評価する目的に応じた5種類の認証システム(BD+C、ID+C、O+M、ND、HOMES)が用意され、取得したポイントの合計によって標準認証、シルバー、ゴールド、プラチナの4段階で認証レベルが決まります。評価項目は多岐にわたっており、グリーンビルディングとして備えるべき複数の必須条件(Prerequisite)を満たした上で、選択項目のポイント(Credit Points)を選んで取得します。

LIXIL商品が貢献する評価項目

水まわり商品

認証システム:LEED v4 BD+C(Building Design and Construction)
評価項目:Water Efficiency(WE)水利用効率

@ WE(必須項目)屋内の水使用削減
  • 衛生器具類について、プロジェクト範囲内の水の総使用量をベースラインから20%削減する
  • 新設するトイレ、小便器、住宅用洗面水栓、シャワーヘッドは、WaterSense基準の流量を満たす
衛生器具類 ベースライン(SI単位) ※2
洋式便器(水洗) ※1 6 L/f
小便器 ※1 3.8 L/f
共用洗面所(レストルーム)給水栓 1.9 L/m(415 kPa)(個人用途以外の全用途)
個人用の洗面所給水栓 8.3 L/m(415 kPa)
キッチン用の給水栓(注水作業専用の蛇口は除く) 8.3 L/m(415 kPa)
シャワーヘッド ※1 1シャワーブースあたり 9.5 L/m(550 kPa)
  1. ※1 この製品の種類にはWatersense基準があります
  2. ※2 L/f = 水洗フラッシュ1回あたりリットル、L/m = リットル毎分、kPa = キロパスカル
    (出典)USGBC 『LEED v4 BD+C Rating System - Japanese』「表1. 衛生器具類のベースラインの水使用量」
A WE(選択項目)屋内の水使用削減
  • 建物内の節水率が20%以上の場合、その節水率に応じてポイントが加点される
    (再生水など代替水の利用による削減も算入可能)
削減率削減量 ポイント
(BD&C)
ポイント
(学校、店舗、宿泊施設、ヘルスケア)
25% 1 1
30% 2 2
35% 3 3
40% 4 4
45% 5 5
50% 6 -

(出典)USGBC 『LEED v4 BD+C Rating System - Japanese』「表1. 水使用量削減のポイント」

関連情報

Green Building Japan

LEED認証に貢献できる商品の一覧

水まわり商品

認証システム:LEED v4 BD+C(Building Design and Construction)
評価項目:Water Efficiency(WE)水利用効率

キッチン水栓

21年9月受注開始予定

ベースライン:8.3L/min(at415kPa)
WaterSence流量:-

シャワーヘッド

21年9月受注開始予定

ベースライン:9.5L/min(at550kPa)
WaterSence流量:7.6/min以下(at550kPa)

商品情報・提案ツール

定流量弁付ソケットと、標準の浴室水栓を組み合わせることで、LEED認証取得に貢献することができる商品です。

商品情報(PDF 220KB)

浴室用水栓金具 商品情報

加温自動水栓

ベースライン:1.9L/min(at415kPa)
WaterSence流量:1.5L/min(at415kPa)

商品情報

LEED貢献可能な商品は100Vタイプのみとなります。

商品情報

自動水栓

22年春対応予定

パブリック向け壁掛便器

ベースライン:6L/フラッシュ
Watersence基準:4.8L以下/フラッシュ

  • センサースイッチまたはタッチスイッチと人体感知ユニットを組み合わせてください。
  • 便座はフタなしをお選びください。

パブリック向けタンクレストイレ

ベースライン:6L/タンクレス
Watersence基準:4.8L以下/タンクレス

商品情報

商品情報

センサー一体形ストール小便器

ベースライン:3.8L

商品情報

商品情報