節湯水栓・節水水栓

節湯水栓・節水水栓の種類とその効果

日本バルブ工業会の定める「(一社)日本バルブ工業会自主基準」、建築物省エネ法の「省エネ基準(エネルギー消費性能基準)」、 エコまち法の「低炭素建築物認定基準」において、そのエコ効果が認められている水栓の機種・機能は、下表の通りで、節湯種類・使用される 空間別に削減率が設定されています。

基準名 対象機種・対象機能(削減率)
(一社)日本バルブ工業会自主基準 省エネ基準(エネルギー消費性能基準)※注1
住宅事業建築主の判断の基準
低炭素建築物認定基準 ※注1 浴室用シャワー水栓 キッチン用水栓 洗面器用水栓
定量的評価項目 選択的項目
節湯水栓 手元止水 節湯A 節湯A1 節湯A1 - スイッチシャワー:20%
プッシュ水栓:20%
タッチレス水栓:9% -
小流量吐水 節湯B 節湯B1

(浴室用シャワー水栓のみ)
節湯B1

(浴室用シャワー水栓のみ)
- エコフルシャワー:15%
スプレーシャワー:15%
スポット微細シャワー:17%
微細シャワー:17%
泡沫吐水:17%
-
水優先吐水 - 節湯C1 節湯C1 - - エコハンドル:30%
エコセンサー:30%
エコハンドル:30%
上記の複合 節湯AB 節湯A1B1節湯A1C1 節湯A1B1節湯A1C1 - A1・B1・AB:32% A1・AB:24%
C1・B:41%
A1・C1・AB:47%
-
節水水栓 - - - エコマーク認定品 同等以上 サーモスタット、シングルレバー、セルフストップ、節水コマ、定量止水、タッチレス水栓、スイッチシャワー、プッシュ水栓、等

※節湯水栓の対象はシングルレバー湯水混合水栓、サーモスタット湯水混合水栓、ミキシング湯水混合水栓です。
※2バルブ湯水混合水栓は、他の形式に比べ湯温度調整が困難であるため、無駄な湯水の消費が増えるとされているため、節湯水栓の対象外とする。
※エコフルシャワーの削減率は、自社基準で35%削減としています。
※注1:「省エネ基準」、「低炭素建築物認定基準」については、どちらも住宅部分の基準に関する記載となります。(非住宅部分の基準は異なります)

節湯水栓の判断基準や節水水栓の種類等詳細については、(一社)バルブ工業会HPでご確認下さい。

所管行政庁への提出書類

性能一覧表(適合確認書含む) 試験品質証明書 生産品質証明書
節湯水栓 節湯A1 / /
節湯B1 性能証明書 または 自己適合宣言書
節湯C1 / /
節水水栓 イ(節水コマ内蔵水栓) JIS認証書 JIS認証書
ニ(サーモスタット湯水混合水栓) JIS認証書 JIS認証書
ホ(シングルレバー湯水混合水栓) / /
ト(定量止め水栓) JIS認証書 JIS認証書
チ(自閉式水栓) / /
ヌ(手元止水機構付シャワーヘッド組込水栓) / /

※所管行政庁から求められた場合は、ISO9001に基づく生産品質証明書をご請求ください。

JIS認証書

認証者名 認証番号
株式会社LIXIL 半田工場

JW0407009

株式会社LIXIL 尾道工場

JW0607002

株式会社LIXIL 彦根工場

JW0507001

驪住衛生潔具(蘇州)有限公司

JWCN07001

住宅・建築物の省エネルギー
基準について
低炭素建築物認定制度制度について 商品についてのお問い合わせ窓口

国土交通省 改正省エネルギー法関連情報(住宅・建築物関係)

低炭素建築物認定制度

Q&A・お問い合わせ

ページの先頭へ